HOME
  • 文字サイズ

  • ENGLISH
  • 中文
  • 韓国
tamaki niime

tamaki niime

新しい「播州織」に出会う場所
 デザイナー玉木新雌と播州織が出会ったとき、どこにもない、新しいものが生まれました。思い描く生地を作り出すことから始めるために、アトリエに織機を導入し、自ら生地を織る。限りなくやわらかい肌触りを求め、可能な限り遅い速度で織機を動かす。こうして生まれたのが ta...

播州織の生地を買う キルトあーと彩土里(いろどり)

播州織の生地を買う キルトあーと彩土里(いろどり)

人気のダブルガーゼ生地が色・柄とも豊富に揃います!
 肌触りの柔かさとバツグンの吸水性で、人気急上昇中の播州織ダブルガーゼ。オモテ・ウラとも綿100%のガーゼ生地という素材の良さ、色と柄が濃淡リバーシブルで楽しめるという播州織ならではの魅力もあって、ハンカチ、手ぬぐいほか手作りの可愛い雑貨に引っ張りだこです。「...

播州織工房館

播州織工房館

往時を偲ぶのこぎり屋根の下、播州織の「今」を楽しむ
 昔、播州織の工場は、少しでも採光の効率を上げるため「のこぎり屋根」(屋根がのこぎりの歯のようにギザギザ)でした。その工場跡で、最先端の播州織を展示販売しているのが播州織工房館です。

1